【サロン経営・開業されている方へ】
スタッフは入れたほうがいい?

【スタッフについてよくあるご質問】

サロン経営・開業をしていく上で、
自分だけでサロン運営をしていくのか?
スタッフを入れていくのか?
ここで大きく分かれると思います。
開業後5年以上経ってくるとお客様が定着し、自分一人だけでは接客対応が出来なくなって来る方。
もともと、スタッフありきで考えていらっしゃる経営者の方
色々といらっしゃると思います。
物が溢れていて個人サロンが多くある現代、同じような施術・機械
のあるサロンはたくさんあります。その中からあなたのサロンが
お客様に選ばれる理由は何でしょうか?
ここは変わらないと思います。
では、スタッフを入れるとは?
私が実際の現場での経験を踏まえて、お伝えしますね♪

【スタッフを入れる際の売り上げの目安とは?】

スタッフを入れることでサロンをどのようにしていきたいのか?

スタッフを入れる、こちらも良くある質問です。

1対1の接客。
お客様も定着してきた。ですが、時間の使い方を変えたり
サロンの発展をこれから考えていきたいので、スタッフを入れるのかどうしようか迷う。

スタッフを増やすかどうかを見極める3つのポイント

①1ベット(1イスあたり)50万円〜80万円目安

 あなたが施術をして、さらにスタッフを増やす場合、1ベット(50万円〜80万円目安)の売り上げが出来るかを目安にするといいと思います。常勤のスタッフであれば、この数字ですし、時短スタッフであればこの半分〜2/3の売り上げ金額を目安にするといいと思います。
この金額の幅は、サロンの家賃などの経費を考えてみてください。


②あなたが施術をしない場合

 あなたが、サロンの現場へ入らずスタッフのみで運営する場合、エステであれば1ベット100万円以上売り上げを立てられるスタッフを一人(いわゆる店長クラス)は必要です。あなたが施術をしない場合、人件費が一番の経費になりますので、100万円売り上げを立てることが出来るスタッフを指導していく力もオーナーとしては必要です。


③あなたの器と方向性(理念共有)

 「スタッフを雇う」ということは、雇う側と雇われる側と、立場が違います。それぞれの立場の違いの認識。あなたが人を指導するだけの人間力や器、いい人材を引き寄せる求心力があるのか、も問われます。
そして、あなたの理念や想いを明確にし、その方向性に共感するスタッフを雇えるかも鍵になります。

かおり

【かおりの経験】

私の場合は、最初は一人でエステティシャン、そこから私+スタッフ2名という体制で運営していました。単純に計算してベット3台×50万円=150万円
これがボーダーラインですね。
ですが、なかなかうまくいかなく「私は売り上げが立てる事が出来るのに、、、」というジレンマが多々ありました。当時、私にも指導力がなく最初は本当に大変でした(汗)
こういう時は、何のためにサロンがあるのか?これからどうしていきたいか?など、サロンの理念がとても大切です。スタッフの入れ替わりは美容業界では良くある事なので、お客様へ理念などをお伝えするのと同じように、スタッフへも理念共有は必須ですね。
お金も関わってきますので、プロに色々と相談するといいと思います。社労士さんや法律に詳しい方は必ず相談する事をオススメします。一番いいのは、すでに美容業界でスタッフ雇用をしているサロン経営者の方に話を聞くといいです。私も先輩へはたくさん助けてもらいました。
もう、私が一番大変だ、、、と思っていた時期に約20年サロン経営をしている先輩へ相談したところ
「みんな通る道よ、ある日、あれは何だったの?と思うくらい、急に好転するから大丈夫よ」
と仰ってくださり、どれだけホッとしたことか。そして、実際に急に好転しました。

 

【スタッフを入れる際の、雇い方】

社員、パート、アルバイト、委託、雇い方あれこれ

雇い方は様々あります。

サロンと言っても、エステ・美容院・ネイル・リラクゼーションなどによっても様々だと思います。
それぞれ、業界での常識が全く違うので一概には言えませんが
社員・パート・アルバイト・委託などがあります。それぞれのメリットデメリットはどうなのでしょうか??

社員の場合

①メリット

 本人も社員を選ぶという事は、長く働きたい、安定したい、社会保険に入る事が出来る、などの理由があるので、雇われる側にもメリットがあります。
サロン側もサロン営業時間内はしっかりと責任をもって働いてもらう事ができます。
サロンの本来の形としては、売り上げが上がっていくのであれば、私は一番いいと思います。


②デメリット

 社会保険など、様々な費用がかかります。(個人事業主の場合、雇用保険のみでそのほか、保険や年金に入る義務はありません)そして、売り上げがあってもなくてもお給料の支払いが必要ですので、ここも考えなければいけません。

 

パート

①メリット

 アルバイトとパートの違いは、、、厳密には専門家へお聞きください(笑)一般的にパートの場合、ご主人の扶養内(103万円以内/年間、または130万円以内/年間 改正により150万円に上がったそうです)に収めた形を希望される方がほとんどです。サロン側は、社員を雇うまでもない、、、という売り上げや客数の場合、パートさんを雇う方が経費を抑えられます。


②デメリット

 パートさんとなると時給計算になります。あまり考えたくありませんが、サロンが暇な場合、、、でもお給料が発生します。
お子さんのご病気(お子さんがいらっしゃる場合)や、ご家族の都合などで、急なお休みをする、というリスクが伴う場合があります。
また、夜も営業しているサロンの場合、夜の勤務が出来ないこともデメリットの要素となります。

 

アルバイト

①メリット

 あまり美容業界では見られない雇用形態ですが、社員希望で入られて、最初はアルバイトの場合。受付のみ。他の仕事との掛け持ちの場合などでしょうか。
サロン側のメリットとしては、忙しい時間帯だけお願いする。という事も可能です。費用負担は少ないです。


②デメリット

 社員ほどの責任が問われない分、長く続かない、、、なども考えられます。また、パートさんと同じよう時間給となるので、サロンが暇な場合、、、でもお給料が発生します。

業務委託

①メリット

 委託する、という事は基本的に個人事業主との契約ですので、能力の高い方との契約です。接客や技術能力も高いので、顧客満足も高いですし、高い売り上げも見込む事が出来ます。歩合制にしているところが多いので、売り上げがに対しての委託費の支給なので、サロン側の負担がありません。
自分で投資してお店を持つまでもしたくない、、、そんな方が委託として仕事を受ける場合も多いようです。


②デメリット

 能力が高く、もともとが個人事業主であるため、あなたのお店で永く続けていく理由が低い事。また、独立も簡単に出来ますし、雇用スタッフに比べサロンへ対する要求も大きい傾向にあります。

かおり

【かおりの経験】

私もいろいろな雇用形態を試してきましたが、、、
最初はパートさんのみ、大きくなってきたら社員を入れる、という形が一番いいかなと思います。
委託も試みましたが、サロンを永続していく場合、売り上げに応じての委託費にしていくと、売り上げと同時に経費がかかることになるので、いつまで経ってもサロンの発展を見込む事が出来ません。
最初に書いた方に、サロン理念を明確にしオーナー自身の器が大きくなっていけば、とても優秀な社員が残りますし、責任がついていきます。パートさんも優秀な方はたくさんいらっしゃいますが、ご家庭の事業でパートという形態なだけなので、パート+社員がおすすめです!
一番は、、、ルールを明確に決めるが一番重要です。

【スタッフの求人の仕方】

スタッフはどうやって集めるのか?

サロンの拡大、または最初からスタッフありきのサロン開業の場合、どこから求人をするといいのでしょうか?
美容業界ならではの求人も多くありますのでご紹介しますね!

成果報酬型の求人掲載が主流へ

 以前は、求人掲載はとても高額で、さらには現代は求人不足も叫ばれ、外国人労働者も多い現代。
美容業界においては、日本ならではの繊細さや高い技術、ホスピタリティが求められていますので、またまた
外国人労働者を雇うところは少ないようです。
そんな中、サロン側もあまり負担のない成果報酬型の求人が主流になってきています。
では、具体的にどんな求人方法があるのかをお伝えしますね!

具体的に求人はどんな方法があるのか?

①大きく費用を掛けて載せる

 具体的な媒体でいうと「女の転職」「とらばーゆ」「タウンワーク」「バイトル」などです。一般的に広く使われている求人媒体ですね。基本的には最初に費用がかかるので、応募がたくさんあっても、なくても、費用が変わりません。オープニングなどに適しています。
他に、フリーペーパーあどもあります。


②成果報酬型のネット掲載

 「リジョブ」が美容業界専門の求人、そして成果報酬型のネット媒体として代表的です。初期費用はかかりますが、採用が決定した時点で費用を支払う形ですので、サロン側の負担は少ないです。経験者・未経験者によって費用が変わります。
また、美容業界専門なので、もともと美容業界での就職を探している方が探しやすい、という利点があります。


③ご紹介

 知人の方からのご紹介、お客様がスタッフを希望する、などです。
関係性にもよりますが、馴れ合いになってしまったりしないことが大きなポイントです。

 

④スクール卒業生からスタッフへ

 ご自身がスクールをして、その卒業生さんがスタッフをなるパターンです。スクールをされているサロンさんが少ないので、あまりないケースですが、技術や理念などは在学中にお伝えする事が出来ますし、人間性もわかった上で雇う事ができます。


⑤無料で求人掲載も可能です

 よくCMにて流れている「インディード」他には「ハローワーク」も無料です。
書類提出もたくさんありますが、それぞれ無料ですので、載せてみるのもいいと思います。

 

かおり

【かおりの経験】

私は、①以外は全部試みました(笑)
それぞれ、メリットデメリットありましたが、個人サロン経営であれば②と⑤がおすすめかなと思います。求人は、掲載方法から、面接の仕方によって、全然違ってきます。
あれから、私は個性学を学びましたので、面接の段階でだいたいわかるようになってきました。
これは経験を積んていかれるといいと思います。

まとめ

 

かおり
いかがでしょうか??
スタッフに関しては、、、本当にいろいろ経験しましたので(笑)なんでも聞いてください!
時代によって、掲載方法などは変わってきているようです。また、人材不足が叫ばれる中
「5歳児でもわかるマニュアル作り」が大切とも言われています。接客以外にも技術指導なども必要な美容業界ですので、スタッフ指導の時間と労力は計り知れないものがあります。
このマニュアルをベースにサロンオーナーさんの人間力を磨いていくことが最も重要です。
スタッフはあなたの映し鏡です。
あなた自身の成長にもなるので、スタッフを雇うという経験は素晴らしい者だと私は思っています。

 

 

初めての方へ

こちらをクリックしてください

 

受講生&卒業生の声

受講生様のご感想はこちら

 

 


エステスクール レリッシュ
エステ開業のご相談・お問い合わせ
連絡先:070-5035-6151



友だち追加
おすすめの記事