【初めてサロンを開業される方へ】
集客編〜ホームページは作成した方がいい?ブログは?SNSは?〜

【集客についてよくあるご質問】

初めてのサロン開業。
とても素晴らしい技術、サロン、接客をしていても
世の中に知っていただかなければ、
お客様はご来店したくても、あなたのサロンを
知らなければ、来店することが出来ないのです。
これは、サロン開業に限ったことではないと思います。
私が実際の現場での経験を踏まえて、お伝えしますね♪

【お客様は、どうやってあなたのサロンを知るのか?】

集客する方法には何がありますか?

お客様は、どのようにあなたのサロンを知るのでしょうか?

現代社会のほとんどは、「インターネット検索」ではないでしょうか?
特に、PCなどと比べるとスマートフォンからの検索が80%以上を占めている
とも言われています。
その中でも多様化しています。
私の考えですが、、、
「時間をかける」「お金をかける」「時間もお金もかける」
この3つのみだと考えています
その中で
「無料で出来るもの」「有料で出来るもの」
にも分かれてきます。
具体的には、、、

 

無料

☆ブログを作成する

広告を外す、デザインをカスタマイズする(キレイな画像や自分のサロンのロゴを入れるなどです)する場合は費用もかかります。


☆SNS発信をする

インスタグラム、Facebookなどです。


☆googleマイビジネスに登録する

店舗を構えている方は、Googleにて登録が可能です


☆共同購入サイトを活用する

初期費用が無料・成果報酬なので、リスクはない。ただし、割引率が高いので一回あたりの施術での利益は見込めない。広告費と考えて行うと良い
ルクサ・Groupon(グルーポン)・くまポンなど


☆口コミ

これは、一番コストがかからなく、信頼性も高いのでリピート率も圧倒的に高い。
お客様との信頼関係を構築するのに、時間がかかる場合が多い。

 

有料

☆ホームページを作成する

ワードプレス・Wix・ペライチなど

☆チラシを作成する

紙媒体のチラシを作成し、新聞折込やポスティング(一軒一軒の家のポストへ配布する)がある。コストが高い上に、反響も低いので小規模サロンにはあまり向いていない。


☆フリーペーパーへの掲載

地元のフリーペーパーへの掲載です。現代では、フリーペーパーで初めてサロンを知る→その後、ネットでそのサロンを検索するのがお客様の動線になっている確率が高いので、しっかりとWebも作り上げておくことも大切です。
地域紙(各地域によって、雑誌名が変わります)

 

☆美容ポータルサイトへの掲載

美容院、エステサロン、ネイルサロンなど、、、様々な美容サロンが掲載されているサイトをポータルサイトと言います。
検索される率は高いのがメリットですが、他のサロン様のたくさん掲載されてると言うデメリットもあります。
ホットペッパー・@コスメサロン(旧ispot)トラコレなど


☆Web広告へ載せる

Facebookやインスタグラム自体は、無料ですが、ターゲット(年齢や性別、地域など)に合わせて広告を出すことも可能です。
また、google検索をした際に、Web上に広告を出すことも可能です。

かおり

【かおりの経験】

本来ならば、、、自身のサロンのホームページだけがベストだと思います。
ですが、最初からそれだけですと、お客様へ知ってもらうことはなかなか難しいと思います。
なぜなら、顧客リストがないからです。
私は最初、ホームページ・ブログ・共同購入サイトを同時に行いました。
ホームページやブログは、お客様が来店されるのに少なくとも半年間は見ておいた方が
いいと思います。その点、共同購入サイトはすぐにお客様がご来店されます。
正直、共同購入サイトでは、そもそもの体験価格が安価ではありましたが、
カウンセリングや技術をたくさん積むにはとてもよかったですし、初期費用がかからなかった
ので、負担もありませんでした。
これを繰り返しながら、ホームページから来てくださるお客様も増えていきました。
たくさん経験を積むことでお客様のニーズも理解していきましたので、ホームページ自体も
ブラッシュアップされました。

【ホームページ?SNS?全て行った方がいいの?】

こちらも、本当によくあるあるなご質問です。

全て行うには、とても時間とお金がかかります。
ここで着目していただきたいのは、お客様の「動線」です。

入り口と出口を考える

では、お客様はWeb上でどのようにあなたのサロンを知るのでしょうか?

SNS・ブログ・地域紙・チラシはあくまでも入り口

☆SNS・ブログ

こちらは、最初のうちは基本、毎日アップしていくことをお伝えしています。あなたがどのような人で、どのような考え方をしていて、、、などを表現します。ホームページは、作成しても、SEO対策として検索してもすぐに上位に表示されないからです。
そして、こちらから一方的に発信しているので、相手側に邪魔になりません。


☆地域紙・チラシ

地域紙やチラシも実は、入り口と考えていいと思います。先ほど、お伝えしたように、現代は。地域紙やチラシを見た後にWeb検索される確率が硬いからです。逆に言えば、検索したくなるようなインパクトのある地域紙やチラシを作成するのもいいと思います!

 

出口とは、申し込みをすることです

☆ホームページ内のお問い合わせフォーム、もしくは予約ボタン

SNSヤブログ、チラシや地域紙からホームページを見てくださった方が予約ボタンをおすこと。これが出口です。よく、この出口がない方や、入り口に入ったのはいいものの、出口がわからず迷路になって出られず他のサイトへ飛んでしまう、ということもあります。
ですので、しっかり明確に出口を作りましょう。

☆ボータルサイト内の予約ボタン

こちらは、ポータルサイト自体がSEO対策(検索で上位に上がってくること)が予想されますので、入り口でもあり出口でもあります。
費用がかかるという点と、キャンセル率も高い、と言う話も聞きます。スタッフが何名かいるサロン様はこちらも同時にされてもいいと思います。


☆共同購入サイトにて期間限定でのチケット購入

こちらも、入り口でもあり出口でもあります。そもそも、掲載期間が決まっているので即購入される方が多いからです。しかし、割引率の良さでご来店する確率が高いのも現状。ただし、初期費用がかからないメリットはありますので、【認知度をあげる】という意味では、メリットとなります。


かおり

【かおりの経験】

経験値は、とても大事なことです。
私は、ホームページ作成はしていましたが、その前に共同購入サイトでものすごくチケットが売れましたので、たくさんの接客やカウンセリングトークをせざるを得ませんでした。当時はなかなか契約に結びつかずに悩みましたが、のちに、それが経験値となって、リピート率をあげるコツをつかみました。ここでのお客様の声から、ポータルサイトへの載せ方、ホームページの載せる言葉も工夫しました。SNSは最初、半分自己満足の状態でしたが(笑)SNSからホームページを見てくださる方も増えました。
「時間」×「お金」=経験値が増えていきました

【ターゲットやコンセプトは明確ですか?何を書くのか?が大事】

これまた、あるあるなご質問です。

よく聞く、コンセプトって何?

コンセプトとは
「誰に(ターゲット)」×「何を」×「USP(Unique Selling Proposition)」
です。
ここで、USPが難しく聞こえるかも知れませんが、
簡単に言うと
☆あなたのサロンの「ウリ」
☆他のサロンとの「違い」
です。これを決めて、ホームページやブログなどを作成すると、、、あなたが望むお客様がご来店してくださいます。


いくつか例を出します

☆30代40代からの少人数制 エステスクール レリッシュ 90%が未経験者

うちのスクールです。専門学校では、新卒の10代の方と2年一緒に学ぶなんて出来ない、、、そして、
今までエステを受けたことはあっても自分に技術がなにのに本当に出来るんだろうか?という方たちの不安を一気に解消するUSPです。そして、エステスクール レリッシュ代表である、私が実際にOLからエステティシャン→サロン開業してきた、と言うのも「ウリ」ですね


☆ASUKL

起業した方は、一度はお世話になるでしょう、アスクルです。事務用品から日用品まで幅広く商品が取り揃えてあり、急いでいても、読んで字のごとく、明日来る(アスクル)のです。わかりやすさも重要なのがよくわかりますね!


☆雑誌「Domani」

私が好きな雑誌です(笑)コンセプトは、「35歳、「仕事」も「」も、これからがもっと楽しい!」私は28歳の頃から読んでいました。こんな35歳になりたいなぁと憧れていたんです。
仕事をしていて、お子さんもいて、どのように時間をやりくりするか、、、などの記事をよく見かけます。そういった方へ向けた雑誌というのはよくわかりますね。

 

かおり

【かおりの経験】

コンセプトは、最初からガチガチに決めなくてもOKです。
あくまで、「仮説」でコンセプトを作ってみてください。実は私も最初は、「アラサー独身女性でこれからの人生を自分の好きな仕事で生きていく!」と言う仮説を立てましたが、いざ蓋を開けてみると、30代40代以降の子育てが落ち着いて、第二の人生好きな美容の仕事で開業したい!と言う方ばかりになりました。

【どうやって知ってもらうか、魅せ方が大切】

コンセプトをしっかりして、ホームページを作成しても、、、
最初にお伝えした通り、早くて半年はかかります。
半年間、来店なしはNGですよね。

まずは、ブログを100記事あげてみる。SNSを毎日あげてみる

これをすると、まわりに知ってもらえます。そして、こんなこともあります

☆ターゲット以外にも知られる

当然です。例えば、芸能人。「好きな芸能人1位」と「嫌いな芸能人1位」は同じ人物だったりするそうです。ターゲットにあなたのサロンの存在を知ってもらえたということは、ターゲットではない方にも知られる、ということです。

☆ターゲットにコンセプトがあっているのか、見ることができる

ターゲットに対して、あなたのUSPが合っているのかを見ることが出来ます。100記事くらいを書くことで、だいたいの周りからの反応が見えるからです。

☆コンセプトに合った写真を用意する

私たちは、特に美容なので見た目はとても大切です。あなな自身のお写真はもちろんのこと、サロンの雰囲気やコンセプトに合った写真を出来たらプロに撮ってもらいましょう!
スマホも綺麗に撮れますが、一度撮っておくとブログやSNS全てに使えますよ!

 

かおり

【かおりの経験】

最初は、ブログやSNSを毎日あげることに時間をかけました。
もちろん、ポータルサイトにかけるものありなのですが、、、最終的には、ホームページが自分のもになります。
例えるなら、
ブログやポータルサイト=賃貸
ホームページ=分譲(一軒家)
のようなものです。
最初に、賃貸に住んでお金を貯めて、分譲(一軒家)を購入する、と言う感じでしょうか。
魅せ方、書き方は私、得意ですので(笑)講座をする際はこ案内しますね!

まとめ

集客方法を比較してみましょう!

掲載方法 費用 集客までの時間
ホームページ ドメイン代・サーバー代・デザイン費用がかかる
(ペライチやWixなどの無料ものもあります)
長い
SNS
(FB、インスタなど)
無料
(有料広告もあります)
中間
ポータルサイト
(ホットペッパーなど)
各企業により、費用がかかります やや早い
共同購入サイト 初期費用0円 早い
チラシ チラシデザイン費・印刷費・折込(または、ポステイング費用) 早い
(ただし、早い段階で反応がない場合は
そもそも反響がないと思ってもいい)
地域紙 各雑誌の掲載料 早い〜長い
(短くて3ヶ月連続で掲載すること。
一回目で反応はなくても何度か掲載することで
潜在的に顧客に繋がる可能性があるため時間のかかり方は様々)
口コミ かからない 早い〜長い
(紹介してくださるお客様との信頼関係に
どれたけ時間をようするのかによりますね)

 

かおり
いかがでしょうか??
集客に関しては、時代も変われば情報も変わりますので、現段階での情報ととらえてください。
今は、今までの「B to C(企業と顧客)」から「C to C(顧客と顧客)」とのビジネスも増えてきています。より、サロンのコンセプトを磨くことの重要性が見えてくると思います。

 

 

 

理想の「サロンオーナー」としての働き方を実現する7日間の無料レッスン
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

初めての方へ

こちらをクリックしてください

 

受講生&卒業生の声

受講生様のご感想はこちら

 

 

理想の「サロンオーナー」としての働き方を実現する7日間の無料レッスン
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

image
個人サロン経営スクール レリッシュ



パッとしないブログから、集客出来るブログを書けるようになったサロンオーナー物語
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事