【初めてエステサロンを開業される方へ】
残念な起業家〜失敗する人の7つの代表例〜

【失敗する人の7つの代表例】

初めてのエステサロン開業。
1年後に50%
3年以内に90%
これ、なんだと思いますか?まさかの、、、サロン廃業率です。そして、10年生存率は5%と言われています。
では、どんな人が失敗してしまうのでしょうか?
これは、エステサロンに限ったことではないと思います。
私が実際の現場での経験を踏まえて、お伝えしますね♪

【考え方(マインド)がビジネス(経営)脳ではない】

与える君とクレクレ君

与える君とクレクレ君
聞いたことありますか?

ないですよね。私が勝手に作ったのですから(笑)
今まで、いろんな方をみてきて、何で話が通じないのだろう??
と、ずっと疑問に思っていたのですが、ようやくこのように分かれるのが原因なんだと気がつきました。

与える君

☆考え方(マインド)が常に人に与えるを考えている

自分だけでいい思いをするのではなく、進んで他人の為になることを心から行っていることをいいます。


☆仕事は自分で得るもの、そして他の人へ分かち合うことをしている

他人任せにせず、自ら仕事を得ていく。そして、自身が得た情報や経験は進んで他の他人へ伝えていくこと


☆自分を大切にしている、自分のやりたいことに正直に仕事をしている

他人の為になることを心から思うというのは、まず、自分自身を大切にすることでできます。


☆起こった問題などは、常に自分ごととして考える(他人のせいにしない)

何でこんなことが起こったんだそう?自分を責める、と自分ごととする、は別問題。起こった問題を受け入れることが出来る器が大切


☆考えが違うものなど、引き際もわきまえている

一人では出来ないことも、誰かと一緒だと2倍以上のパワーを発揮する場合があります。しかし、考え方のズレが生じる場合、変化に伴って起こることもあります。このタイミングもしっかり見極めることができます。

 

クレクレ君

☆考え方(マインド)が常にクレクレを考えている

例えば、
「何でこれしてくれないの?」が多いのが特徴
業者などに
「ここまでしてくれないの?」をいいがち

☆仕事をクレクレを思っている

クレクレを思っていると、、、無意識に仕事を奪うことを考えてしまっています。


☆自分を犠牲にしている、他人のやりたいことに従順に仕事をしている

自分を犠牲にして、他人任せに仕事をしているので、なんでも他人のせいにしていしまうクセが出来上がっている

☆起こった問題などは、他人のせいにしている

よくあるのが
「旦那が、、、」「子供が、、、」「お金が、、、」「時間が、、、」といつも話をしています。


☆考え方の違う他人にずっと文句を言い続けている

例えば、自分が来て欲しいと思うお客様を違う方が来た場合、ず〜っと影で文句を言っている。
その人が来てしまったのは、あなたの表現の仕方の違いだったり、様々な原因があります、いやと言えない理由は何でしょうか?

かおり

【かおりの経験】

いきなり、ちょっと深い話をしてしまいました、、、。
自分のことも照らし合わせて反省の意味も込めてこの記事を書きました。
実際、私もエステティシャン修行時代、自分が経営者になってつもりで働いてきましたが
今思えば、クレクレ君の部分が抜け切れていなかったなぁと思います。
少し前までは、他と比較して、競争して、価格競争して、、、というのが通用する時代でした。
これからの時代は、一切通用しないと私は考えています。
と、いうことは考え方(マインド)を変えていくことが不可欠ということです。
この記事を読んで、
「私は、大丈夫!」
と思われた方。
あなたが一番クレクレ君かも知れませんよ(笑)

【技術が良ければ、お客様が来ると思っている】

こちらも、本当によくあるあるなお話です。

「技術者であること」と「経営していくこと」は全く違うものだからです。

経営するって何?

では、経営していくことと、技術者との違いをみていきましょう。

経営

経理も全て、自分の管理

経営する、ということは運営全般の管理をすることでもあります。施術だけではなく、お金のことも全て自分です。


☆集客も自分でする

いい技術を提供するのにも、お客様が来て下さらなければ何も始まりません。集客(どの媒体に載せるのか・WEB上で告知するのか)も自分です。


☆ビジョンも自分で決めることが出来る

お店のビジョンは自分で決めることが出来ます。あなたの夢やビジョンを叶える場です。

☆リピート率アップなど仕組み作りも自分でする

永続的にビジネスをしていくには、仕組み作りが重要です。仕組み作りもご自身でしていきます。

☆時には、人を雇うことも

1人では出来なくなるくらいの仕事量があったら、人を雇って事業を拡大していくことも出来ます。

 

技術者

☆ひたすら、技術だけを磨く

勉強会=技術講習会 技術のみをひらすら向上していく

☆技術や提供する商品をよくすれば集客が出来ると思っている

集客に必要なノウハウやマインドを学ばずに、ひたすら技術の向上ばかりをしているので、
なかなか人に伝わらず集客が出来にくい


☆ビジョンは自分で決めているが他人に伝わっていない(伝えようとしていない)

【自分なりの】ビジョンはあるものの、技術さえあえば叶うと思っているので、他の人に伝える場がない。

☆技術がいいと、リピートしてくれると思っているので仕組み作りに着目していない

仕組み作り、というところに着眼点がないため、永続しにくい。


☆人に頼る、があまり出来ない為に、事業が広がりにくい

人に相談する、人に頼る、という視点がないので、1人で悩んでしまう方も多いようです。


かおり

【かおりの経験】

技術を学ぶことは、大事なことです。
レストランで、料理が美味しいのは大前提なのと同じように、エステサロンでエステの技術が上手なのは大切ですね。
レストランで、料理は美味しいのに、お店は綺麗ではなかったり、接客が微妙だったり、メニューがわかりにくかったり、そもそもお店を知らなかったとしたら、、、
もったいないですよね。
技術+経営
が必要なことを肝に銘じましょう!

【ノウハウばかりで頭でっかち】

これまた、あるあるなお話です。

何故、ノウハウだけではNGなのか?

☆行動が遅くなってしまうから

あまりに知識を入れすぎてしますと、上手くいかせなければ、という、ねばならないが先行してしまい、
同時に上手くいかなかったらどうしよう、、、という考えが出てきてしまい、結果、行動出来なくなってしまいます。


☆専門用語ばかりでは、お客様に通じないから

お客様にお話する際、「真皮が、、、」「この商品の◯◯◯◯◯◯◯◯の成分が、、、」など、カタカナを並べでも通じません。ノウハウばかりが身につけるより、伝え方を工夫しましょう!


☆わかった気になってしまうから

1+1=2、2+2=4と、答えがないのがビジネス。そしてエステでは特にお客様相手にしていくので、一切正解はありません。ノウハウだけではなく、+経験が必要です。

 

かおり

【かおりの経験】

私の場合、ノウハウを学んだら、即!試したくなってしまうので、、、頭でっかちになる時間がありませんでした(笑)
ですが、なかなか行動出来ない方は、とにかく理論的に、ノウハウを学びたがる傾向にあるようです。
子育てに正解がないように、ビジネスも正解はありません。
行動量×経験値=あなただけのものです。
インプット→アウトプットを繰り返す習慣がつくといいといいですね!

【人を信頼していない】

知らぬ間に、これをしてしまう方も多いのです、、、

人を信頼するのとビジネスにどう関係があるの?

人を信頼することが出来なくなると、こんなことになります。

☆人に頼ることが出来ない

人を信頼していない=人に頼ることが出来なくなります。何か困った、、、悩んだ、、、などがあっても頼れないので、
新しい観点からものごとを見ることも、新しいアイディアも出てきません。

☆周りが助けてくれない

あなたが人を信頼していない、というのは周りはなんとなく感じます。なので、助けたいと思っても、助けをどう差し伸べたらいいいのかわからないのです。

☆あらぬ方向に暴走する

「あらぬ方向」とは、人それぞれですが、例えば、やたらとメニューや物販を増やしてみたり、やたらと他のことをしてみたり、セミナージプシーになったり、、、歯止めが効かなくなってきます。

 

かおり

【かおりの経験】

自分でこの記事を書いていて、痛いですが、、、
実際に経験してきました(笑)
かなり暴走していたのは、壁にぶち当たって気がつきましたが、、、渦中にある方ほど気がつかないものです。
人を信頼するには、まず自分自身を信頼すること。
あなたは、そのままで充分出来ますよ!

【同業者を気にし過ぎている】

あなたのお店の近くに、同業者はどれくらいいるでしょうか?

比較して、競争に勝たなければと思っていませんか?

個人サロン、女性起業家がたっくさんいる現代、あなただから選ばれるんですよ!

☆まわりに、私よりもベテランの方がいらっしゃる

誰でも、最初は未経験です。あなたが経験が少ないから、、、と周りを気にしすぎているうちは何も進みません。あなたが今のチカラで120%を発揮するだけです。どんなベテランの方でも最初は未経験なのです。

☆まわりのサロンの価格が安い!

価格競争する方は、最後に価格に負けてしまいます、、、
ある程度の相場を見るのはいいかもしれませんが、競争するには大手企業を相手にしていると考えてください。

☆批判されるのではないか?

残念ながら、批判されるほどあなたのことは知られていません(笑)むしろ、あなたを「好き」な数と「批判する」数は比例するそうです。「批判された」ということは、あなたを「好き」なお客様もいらっしゃるということですね!

 

かおり

【かおりの経験】

実は私、、、エステを始めた頃、金山まわりのエステについては一切知りませんでした(笑)
なので、他の方からどう思われるとか、お客様がベテランがいいとか、ほとんど考えずにひたすら目の前のことを行動してきました。
結果的によかったんだと思います。ベテラン先生もいい、まわりの先生方もいい、けれど、私を選んでくださるお客様がいらっしゃったのも事実ですね。
あなたらしさを磨いていきましょう!

【学びに時間とお金をかけない】

目の前の損得に左右されず、先を読むチカラ

ここでいう、学びとはあなたにとって必要な学びです。
ノウハウばかりの方は、マインド(考え方)を。マインド(考え方)ばかりの方は、ノウハウを学びましょう

☆予約を優先しすぎてしまい(売上げという損得にとらわれ)、学ばない

何かを学ぶには、お金をかけるか時間をかけるか、もしくはその両方をかけることが必須です。
目の前の売上げだけに捉われるのではなく、この学びを得ることでお客様や自分にどう変化をもたらすのか先を読んで選択しましょう!


☆同じ立場の仲間をつくる

どこか学びに出かけると、同じ立場や同じ悩みを持った仲間が出来ます。

☆先を読むチカラ

あなたがひとり、サロンの中にいてもなかなか先を読むチカラはついてきません。これからの時代は、先を読むチカラがどれだけあるかも必須ですね

 

かおり

【かおりの経験】

学びに終わりはありません。
私自身も、経営者ばかりの学びの場にいくことで、仲間が出来たり、新しい出会いがあったり。
他の人が言ってくれないようなことも伝えてくれるので、裸の王様状態(自分にとって都合の良いことを言ってくれる連中だけを周りにおき、都合の悪い話には聞く耳を持たない人)にならないように出来ます。
それぞれのステージにあった学びをしましょう!

【素直じゃない】

素直な心が成功の要

あの有名な経営の神様 松下幸之助氏も「素直な心が成功の要」と仰っています。

☆自然の流れに正直に

日本の四季のように、「春夏秋冬」がサロン経営の中にもあります。2月8月(ニッパチ)というように、なかなか売上げが出にくい時期もあります。無理に対抗しようとせず、その時期をどう過ごすのかを考えておくことも大切です。


☆文字通り、人の意見を素直に聞く

これは、なんでも、「はいはい」ということを聞く、ではありません。色眼鏡で聞くのではなく、その真理をしっかりつかみとることです。


☆感謝するチカラ

素直な人は、感謝の気持ちを常に思っています。

 

かおり

【かおりの経験】

なんだかんだ、、、一番大切なのが、この「素直さ」ですね。
そして「感謝するチカラ」
何かがうまくいかないときは「感謝」を忘れてしまっているときですね。

まとめ

 

かおり
いかがでしょうか??
少々、厳しいことも書きましたが、、、そうはいっても、失敗はしただけあなたの経験になるので、私はいいと思っています!

そこで、振り返って自分ごととして捉えて次のステージへいく!
この記事を何かにつまずいたとき、思い悩んだとき、今はどの状態なんだろうと
立ち返ってもらえると嬉しいです!

 

 

初めての方へ

こちらをクリックしてください

 

受講生&卒業生の声

受講生様のご感想はこちら

 

 


エステスクール レリッシュ
エステ開業のご相談・お問い合わせ
連絡先:070-5035-6151



友だち追加
おすすめの記事